松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
向島藝者をつれて秋めかす 菊貫
 酒の過るを妻は案しる 環川
南天も笹の音して夜の雪  梅足
 碁ては敵のしかも相口  馬隠
勝公事に紫衣さえ京の立惜ミ  斗凉
 嬉しけに振足らぬ牛の尾  三遥
子かあるて親ミの付鳥舎 霍林

 禾黍を動す賤か近道  雪江
月白う残り旭ハほからかに  執筆
 塒出の鷹やよい男ふり  葵光
丹後殿前より馬を乗放ち 湖秋
 金看板の目立つ新店  斗凉
やかて咲花を心に枝と笠  フ
 旅をする氣て彼岸待つ母  梅足

関連データ

作者(連衆)
湖秋・雪江・霍林・三遥・斗涼・馬隠・梅足・環川・菊貫(真田幸弘