松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
去年揚し縫あけを最ふ揚直し 環川
 寐転ふ腹の上に細見 菊貫
居風呂も妾の目見の道具にて  馬隠
 河骨活る側を掃出す  斗凉
づう/\し天下祭の牛の面ラ 菊貫
 一本餘る取膳の箸 環川
別荘の梅に家内を引つれて  梅足

 霞の奥に隅田の念佛  馬隠
切凧を善ふて来ても渡し舩  雪江
 大振袖の孕む追風 霍林
御油泊俄に苧桶片付て  三遙
 影さへやはり圓窓の月  フ
蔓枯て引たゝむへき種瓢  雪江
 早く醒たる秋の生酔  三遙

関連データ

作者(連衆)
三遙・霍林・雪江・梅足・斗涼・馬隠・菊貫(真田幸弘)・環川