松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
取崩す樓舩も川に秋更て  馬隠
 先四里四方正面の不二  斗凉
風景を唯隠居所ハ家相より  梅足
 紅粉青娥雪の寒梅し 鶴林
旅枕あとしら波の恋をして  三遥
 伊勢の木綿の縞も陰陽  雪江
腹魚のまゝて蛍を追ふて行 鶴林

 草茫/\と左迂の跡  三遥
剱菱は我らか為の益氣湯  雪江
 麒尾に従ふ無休弐朱判 湖秋
奥ゆかし清歌好舞の御錠口  葵光
 有明山に春の夕月  フ
小田返す馬踏濁す桜影 湖秋
 好んて新身さした強力  葵光

関連データ

作者(連衆)
葵光・湖秋・雪江・三遥・鶴林・梅足・斗涼・馬隠