松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
湯上りの美人旭の顔の色 升来
 朝ハ揚屋も引汐の海
差紙をそれと見せしの文封し 清遠
 蛇の目もわかぬ雪の傘 六〓(椀の旁のウ冠ナシ)
喪の明たのちも日毎に墓参り 亀齢
 人はすなをに米しらぬ里
身ハ不具も甲斐一国の軍配士 冬央

 おかしさわりつく月の夕影
送り火に地水火風の盆太鞁 冬央
 連遁二人露に時雨るゝ 素麿
辻占はむかし語りと笑ひ居る 甘棠
 家ハ夢想に?富る灸点 〓(馬に麗)龍
大竹に日のはさまりて奥深き 蘭兮
 巽の空か鳴ツて風立

関連データ

作者(連衆)
升来・清遠・六〓(椀の旁のウ冠ナシ)・亀齢・冬央・素麿・甘棠・〓(馬に麗)龍・蘭兮