松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)

画像を拡大する
本堂に凉しい風か捨て有る 蘿道
 日和を誉むる府中海道
ぼくうだらのかゝらぬ体て?鴦駕 霞外
 行くなの異見糠に打釘
御兜を召せハ乳母も涙くミ 月扇
 庭もまた干ぬ残月の露
蕣に鞠子を出るとろゝ汁 月扇

 鹿のよふなる馬に曲禄
毛氈の所/\に伽羅の塵
 画師を取巻く三千の顔 月扇
野も山もあらむ限りハ花の雲
 かくて餘興も長き春の日

関連データ

作者(連衆)
蘿道・霞外・月扇