松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
住吉ハ芥子人形の汐干狩 甘棠
 所なまりも唄の一節 〓(馬に麗)竜
籠城の馬に餘斗の秣飼ふて 魚渕
 高尾の胸に落ぬ相談 月扇
懸ケたらは秤ハ坂に片おもひ 霞外
 大魚か浮て寐て暮す村 魚渕
樋ヤ合にあたら牡丹の匂ふなり 蘭兮

 本復を知る高足の出来 蚕糸改蘿道
縄を索ふ音も静に寒き月
 思はぬ寳もふし子の孝 花明
敵打討訳を言ほと惚られて 文栄
 廓馴染に旅先て逢ふ 素〓(示偏に央)
弘法の鑿有り/\と山桜 菊貫
 音なしに吹東風のわか

関連データ

作者(連衆)
素〓(示偏に央)・文栄・花明・蘿道・蘭兮・霞外・月扇・魚渕・〓(馬に麗)竜・甘棠・菊貫(真田幸弘