松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
伽羅の香に迠も逆上せる春長閑 靏媛
 猫の毛はたく薄雲の膝
丼へはぢき将棊の歩浮て 清遠
 暑さを忘れ水に河骨 六〓(椀の旁のウ冠ナシ)
世の為と薬施す寺尊し 亀齢
 鞠て烏帽子のおかし寉取リ 冬央
能い男小春日和に鬢解けて 素麿

 六ツ指を産む杣か後添 甘棠
こりのつまの山の目論見秋の夜に 〓(馬に麗)龍
 鐘の音迄も澄わたる月  フ
ゆふ/\と江湖のあした鳫の声 蘿道
 屏風に二景足らぬ八景 霞外
散る花のもとに流るゝ水の綾  
 風にたわめる若芝の伸  フ

関連データ

作者(連衆)
霞外・蘿道・〓(馬に麗)龍・甘棠・素麿・冬央・亀齢・六〓(椀の旁のウ冠ナシ)・清遠・靏媛