松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
蝶を追ふ子を母の追ふ春の道 魚渕
 新吉原も毒断の内 花明
小鞁に打て付たる美少年 菊貫
 和睦となるも僧の一言 亀齢
松蔭に鷹野へて篝焚捨て 六〓
 仮の家形に葉の付た梁 清遠
あさやかに月?指入て昼の如ト

 打てハ鳴りそう関取の腹 升来
秋といふものハ白歯の酌て酔ふ 寉媛
 ?索頭はつちて遠乗へ下座 素〓(示偏に央)
賣れるともなく積ける石置場 文栄
 雪の達磨の鼻か腐る 素麿
六部/\と違ふ十二因 冬央
 居酒の〓(廛にオオザト、?)鄽に立る錆鎌 甘棠

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・六〓(椀の旁のウ冠ナシ)・魚渕・花明・亀齢・清遠・升来・寉媛・素〓(示偏に央)・文栄・素麿・冬央・甘棠