松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
奥向て太夫の真帆も春なれや 貫環
 頻迦に菩薩琴の連弾 白日
虫干の袂から出る熨斗昆布  簣十
 霊鷲山ともたつ雲の峯  「陸馬
傘と鐘に名たかき知恩院  太路
 四条の雪に夏を言出す  貫環
獅子舞にそつくり顔の十二様  菊武

 しつた同士も覗く聟入  牛如
焼餅はなささうなもの廓にも 貫環
 霧なまくさき今戸真崎  太路
脇差を一腰月に懐手
 狂歌のたねに虫をきく人  菊武
木樨は黒木の鳥居匂はして  立葵
 雲になかるゝ嵯峩の筏士  「牛如

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・簣十・陸馬・太路・菊武・牛如