松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
藥取素顔の女譽られて 貫環
 松戸の君の指に針疵 白日
米をとく井戸の流に杜若  立葵
 空にしられぬ卯の花の雪  牛如
尼か菴足りねはたらぬ形て済  簣十
 軍散せし後の盗人  陸馬
牡丹好そむき/\の菊つくり  太路

 恋には疎し月の名所
川水もさひて石和の秋の色 白日
 擔桶をおろせは鞍中か紐  菊武
後朝の全く證據酒くさし 貫環
 竈てら/\嫁の愛相  立葵
奇麗さは花の麓の藁庇
 ほとゝきすきく閏三月  牛如

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・立葵・牛如・簣十・陸馬・太路・菊武