松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
白魚も果は佃の菜のもの  菊武
 妹は苦界兄は檀林 白日
髷結の眼掛れともなる裁の運 貫環
 としの夜の灯は吝くない京  陸馬
甘いものくれぬも義理のある子ゆへ  簣十
 僧も欲気のみゆる茶道具  立葵
猿叫ふ木曽は四月へ跨ぐ藤  太路

 手つかみにする馬医か調合  簣十
長陣に地理の絵図出す雨閑  牛如
 鎌倉盛り〓嚝な頎城 白日
坊主落尺八なとも吹覚へ  陸馬
 追羽の様子きつと蒼荒鷹 貫環
けしからぬ野分も凪て朝の月
 水すさましき小金井の橋  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・菊武・貫環・陸馬・簣十・立葵・太路・牛如