松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
百千鳥囀る廓の手毬唄 白日
 常盤か操二度添の妻  牛如
雪しんと母の見ている翌檜  立葵
 つかはぬ金の蔵に常燈  簣十
高崎も江戸の氣風のある所  陸馬
 煙草に酔て探す雪隠  牛如
あさつてとみゆる紺屋の初櫻 白日

 日向尋る有松の春  立葵
朝鷹の翦て狩場を別れ霜  簣十
 ふたりて賣ぬ馬も外聞 貫環
裏不二の裾に梨子棚葡萄棚  太路
 尾花まねくも笑ふ生酔  菊武
鳥一ツ低く翔りて昼の月
 大念仏て灘を越す舩  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・牛如・立葵・簣十・陸馬・貫環・太路・菊武