松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
弓は袋具足は櫃に御国替  牛如
 日和占ふ蝋燭の真ン  菊武
大一〓座十篇摺の一枚繪 白日
 蓮見戻りの素面戯る  立葵
瑠離菊へ椙洩旭まはゆくて  太路
 あたら男のあはれ眼病  菊武
野の末に犬追物の人の聲  陸馬

 芦の家に手のしほらしい桟  簣十
碎けれは氷りし月の鏡建
 後座の長さに棕梭(誤字)櫚箒出す 貫環
いふすなと勝手へ亭主聲掛て  牛如
 人さへ来れは太秦て蕎麦  立葵
鶯も折節に来て厨花
 鴉遣ふ様にみゆる福曳  太路

関連データ

作者(連衆)
貫環・簣十・陸馬・太路・立葵・菊武・牛如・白日(真田幸弘