松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
鳳凰も孔雀も庭籠甚右衛門  簣十
 雪に極彩色の関屏  太路
三界の是も縊枷@クヒカセ@室の梅 白日
 硯蓋まて米の手料理  笑口
聾へ書て聞せる郭公  梅彦
 品ンも天晴取あてた聟  簣十
物思ふ女の躰あり夕桜  笑口

 逆落しめし地震の雛棚  太路
一間風光る土佐繪の源氏雲 白日
 公家は平気で見せる初鉄漿  梅彦
ふらすこ#硝子#て江戸へつゝける京の水  簣十
 富士を左リに沖はしる舩  笑口
楼の月は勿論見晴らしも  フ
 垣をに露のいほ結ひの玉  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・太路・笑口・梅彦