松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
葉かくれに眼鏡びかりと菊の虫 白日
 高尾を祭る三浦屋か寮  梅彦
百尋の文をきりゝと歌一首  簣十
 夜の〓聞く左迁の憂サ  太路
狂ふ蝶須〓の御〓に白幣て 白日
 石段をしのく源平の簱  笑口
笈佛も木の下影を宿の春  簣十

 陽炎中に経を讀むる鳥  太路
琴の音も〓簑輪静に囲ひ妻  笑口
 素人に化て参る笠森  梅彦
植木やも墨繪となりし青嵐  太路
 夕月かけて涼とろ/\  フ
窓からも塀からも〓放れ馬 白日
 手へも足へも蜘の巣たらけ  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・簣十・太路・笑口