松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
羽子に毬禿か世界注連の内  笑口
 鬼に鉄棒美女に瑇瑁 白日
獅子口は玉扱ひに挿す牡丹  簣十
 洗ひ鯰て二度の還懸呑  梅彦
不動より親の異見のから縛り  太路
 白柄組の男一疋 白日
後殿を鶯烏にゆつる#譲#田螺取  梅彦

 亀井戸からは桂馬飛梅  簣十
傾城も青きを踏んて草履摺レ  笑口
 金も土くれ恋の闇くも 白日
川千鳥啼て雪の夜寞の夜  太路
 雲間に冴へて明残る月  フ
賽銭も皆御寺号の両大師  梅彦
 何かざは/\おふき人聲  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・簣十・梅彦・太路