松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
錦織嫁の眠りや合歓の華  太路
 思ひさましに狹衣のすき  笑口
喰はす貧楽とぐづ/\嵯峨に店庵 白日
 剃ても見んと残る鬢付  梅彦
夜昼て言葉の違ふ懸り人  笑口
 二疋三疋つれの葡萄荷 白日
藁火焚く鵜飼か宿の秋さひれ  太路

 月にるなりぬる面白ひ雲  フ
弓取の客に太夫の決張強き  簣十
 持つ手と匂ふ伽羅の高こま下駄  梅彦五
やり水に何入道の夕すゝみ  笑口
 衰ひの眼に身ゆる骸骨  簣十
問はるゝも希れ山蔭の花盛リ  フ
 そよ吹風になひく糸遊  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・笑口・梅彦・簣十