松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
来ぬ夜半の?□@(虫損)@蜜柑も音を鳴て  梅足
 人間万事酒と傾城 白日
此筋はいつも涼しい風の来る  陸馬
 橋を忘れて道にさまよふ  立葵
鳥さしにうか/\附て乳母か宿  馬隠
 芙蓉の雨を帯た御所下  太路
心さまて假名うつくしき色紙にて 貫環

 透見する眼て笙を吹く顔  簣十
住吉の旭に白髪よくわかり  立葵
 とんほてかつく関取の駕  「馬隠
年明の打てかはりし秋の情 貫環
 月の清光の門に戯れ男
針あまた蘇鉄の勢ひ見出直して  陸馬
 刷毛目に□□@(虫損)@重?硯台箱

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・陸馬・立葵・馬隠・太路・貫環・簣十