松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
大門は客来□□□@(虫損)@水道尻 白日
 つまりさかなの粲酌に出す嫁  梅足
初て逢ふ縁者同士の近をかしくて 貫環
 雪に足掻く供待の馬  立葵
鶴の揚に手柄みせんと?餌の加減  太路
 届る手紙はたと忘るゝ  陸馬
榛の木の中を千住の戻り舩  馬隠

 聟に約束せうと誉る子  簣十
桶伏へ貰ふ搗屋のたんこの火  梅足
 卯の花頃の月曇かち
初ほとゝきすきく耳へ蚊のひとつ 白日
 他人と更にみえぬ看病 貫環
野の梅も咲ぬと室の八重櫻  簣十
 午時の□□□@(虫損)@又しのきよし

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・貫環・立葵・太路・陸馬・馬隠・簣十