松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
廓見て□□□□@(虫損)@ける風の中鳳巾 白日
 母の杖なるひとり生娘  太路
朝五ツかきりにかね加持の込合て  陸馬
 油徳利に惜しき染付 貫環
田へ近く棟の菖蒲の水鏡  立葵
 きうくつらしき馬の尿寝姿  簣十
ぬれものゝ上手其癖弱弓にて  梅足

 靄に包し犬山の城  陸馬
君速く故郷へ帰る錦とそも 白日
 桜に七日夜はをしらぬ閨  太路
流浪の音頻にたかく残朧月
 二階から御意白魚の纚  梅足
しかつてもにこ/\とのみ柔和者  陸馬
 思はぬ人と□□@(虫損)@合する

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・陸馬・貫環・立葵・簣十・梅足