松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
詣人もおなし□□@(虫損)@の練供養  太路
 酔ふほれす肩に仲居すた/\ 白日
翌雪と女房あてたる片頭痛  立葵
 黒ほう掃揃ひ煤掃の段  簣十
罠の鼬ころすに成てもらい掛  陸馬
 大悟の胸は闇もあかるき  立葵
小便に起るとそこへは聲遠最う蓮見  簣十

 翅なけれとかこにすむ亀  馬隠
本復に引摺下駄の?????くつろへい 白日
 白鞘のけふ出来し突出し 貫環
うすくらいすみ蔵に妹の昼立化粧  立葵
 暦を出して花盛見る
宵の月胡葱茹るにほひ有
 そよ/\と吹く風光る也

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・立葵・簣十・陸馬・馬隠・貫環