松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
吉原もいまは□@(虫損)@駒下駄の音  簣十
 羽二重群のわかる惡口 貫環
初松魚はや花房落の篭茄子  梅足
 牡丹の日數あまる客組  太路
薬取自分の前丈の手を包来望成?  馬隠
 軒の雫のはねる鉄鉢  立葵
桃の花春麗のしつはらひ  太路

 朝鷹据て辷る田の畷  簣十
東風吹や居續の窓〓るしほ 貫環
 憎い口利くうとかられ人  梅足
菊を見る/\見らるゝか女也 白日
 いつもの山にかゝる三か月
高はごに昼見算の秋寂て  梅足
 詞少き□@(虫損)@舟の中

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・貫環・梅足・太路・馬隠・立葵