松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
大凧の出しに三ツ子のきはれて  簣十
 酒か病ひかの今に還懸り人  菊武
番町の窓にきれいな竹細工  「梅足
 股引懸て腰に帳面  笑口
童顔の御手にからまる濡佛  馬隠
 隣国に気の付ぬ弥勒寺  菊武
大坂の足袋荷も見ゆる社朝の宮霜  雲牙

 鴨の毛はつと豕の身震ひ 白日公
跡棹に咄のならぬ竹筏  「馬隠
 腮て教へる白髭の宮  菊武
古への藝浪人の皷の音  簣十
 月日の出限りに仕舞ふ草市  雲牙
たま/\に有肚朏の紋