松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
戻り牛母の機嫌の一陶利  笑口
 都つましき中に大仏 白日公
帔衣着た供に刀の目に立て  簣十
 こしやく始の鼻からも煙  馬隠
松魚またきのふは五本けふ二本  梅足
 夏もほの/\見ゆる卯花  雲牙
羽織にて居すはる姿の後冨士  太路

 仕〓事さらつた跡へ小児科 白日公
包丁に手元のくらき下地窓  笑口
 内て吸筒ひらく春雨  馬隠
一冊は中によこれる評判記  雲牙
 恋する猫に聟の尻込ミ 白日公
月に散る影も仇なり夜の花
 火のなき火入脉取て見る

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・笑口・簣十・馬隠・梅足・雲牙・太路