松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
一本の扇子荷にする涼舟 白日公
 汐に木太刀も錆る千垢離  馬隠
雲と見し松に洲崎の飯煙  菊武
 世をは白歯て渡る水茶屋  雲牙
別荘に客と名附て隠し妻  太路
 縄の帯する躰の山茶花  菊武
炬燵から知らぬ深山の石はねて  笑口

 元政房は寐てる起てるか  梅足
朝露に月の光りの落残
 菊作るにも邪〓魔そふな髭  簣十
青山や高羽ごひたと秋更て  梅足
 宮居淋敷切火打音  馬隠
はね込の???筆意其侭松に花  フ
 最ふ綿入に東風つよし  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・菊武・雲牙・太路・笑口・梅足・簣十