松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
負うた子の目てひた歩行き雛買 白日公
 女に掟の緩かな京  梅足
腰元は姫百合花の小宰相  太路
 〓幮も踊らせて雷除の香  笑口
舟宿に苗字斗の置手帋  梅足
 どぶ漬をせり出した板の間  簣十
御師の行先は餅搗煤拂ひ  雲牙

 鳩も珠数掛門跡の場  馬隠
出格子に風も障らす桜艸  簣十
 春の行衛を知らぬ囲達  太路
薮入に来る妹の綸子着て  梅足
 畑の目に付へゝかす水胼  簣十
物影の夫とも分す月長閑
 一反り立つて舟の小便  笑口

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・太路・笑口・簣十・雲牙・馬隠