松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
瓦焼煙リに曇る筑波山  馬隠
 初時鳥しつかりと聞  簣十
風薫る花柚にふらり刻〓挿 白日公
 茶と念仏て尼の明くれ  笑口
兄弟といふはあやしき二人連  雲牙
 ?雨の〓蓑輪に振袖の旅  菊武
見られ候様てもなく枇杷の花咲く  梅足

 一戸前茶器一戸前武器 白日公
三鳥の傳授にしんと注連の音  太路
 切とる跡の紫陽花に穴  雲牙
麦刈に猶むし暑き夏昼の月  フ
 馬の薬と呉れる徳本  梅足
爰は咲かしこは散て花盛
 早蕨の手て叩く庵の戸  太路

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・馬隠・簣十・笑口・雲牙・菊武・梅足・太路