松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残裏(ナウ)、句上

画像を拡大する
薄雲り手前薄濃茶の服加減  「簣十
 憎れ口の跡て後悔  陸馬
越後屋に咲く廿日〓艸→草時しらす 「白日
 めかねのくもり拭ふ袖下
掃すとも神前に塵一ツなし  「莫牙
 時も〓違へす濤の来る  「陸馬
年/\に咲く花なから愛ふかし
 けしきとゝのふ春に拱く

有佐 白日  107
蕢十  87
梅足  78
立志 白日  位91
梅足  91
莫牙  67
一亀 梅足  133
白日  78
蕢十  74
井器 梅足  85
白日  76
蕢十  67

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簣十・陸馬・莫牙
点者
有佐・立志・一亀・井器