松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
昼遊間のぬけて来る雲晴て 貫環
 年若もある赤穂浪人  陸馬
関守の眠をさます青嵐  牛如
 三日ねらつて打当る鷺鷲  「梅足
仰?篭の赤武士龍丹か風邪引て  陸馬
 日枝贔屓する児も我山  牛如
揚貝の遠く響てはなれ馬  花足

 全く稜て積に汗をする笈  「陸馬
桶伏や植た桜も葉に成に 「白日
 爪弾幽憎い春雨 貫環
ほろゝ打雉子に驚く震嫌ひ  菊武
 蜆の腹を減らす義仲寺  牛如
暮遅くはや見へ始る三日の月
 不調法なる銭のあつかひ

関連データ

作者(連衆)
菊武・花足・梅足・牛如・陸馬・貫環・白日(真田幸弘