松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3裏(3ウ)

画像を拡大する
霙はや雪となりけり小夜鵆  太路
 ての字か木場に車寄門  簣十
大名の返茶ねたりに化て来て  花足
 千差万別傾城の果 白日
玉柳雨櫛笥箱根越す日ハ駕の内  簣十
 御尋ものゝ降付した鷹  梅足
壁斗心の花に角ハなし

 桜に包む小金井の橋  太路
墨摺て酔た其角をゆり起し  梅足
 夜宮の始末孝女天晴 貫環
血留何切た小指に間に合す  陸馬
 武篇噺の味も茹栗  「太路
風荒く窓を敲く宵の月
 其乾く事秋の手拭

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・太路・簣十・花足・梅足・貫環・陸馬