松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
腮に杖突て見渡す菊畑 白日公
 娵三人のねうちたりいろ/\ 貫環子
俄雨駕籠に留すの事?の匂ひして  立葵
 時鳥より先へぎんなこ  キ十
柱植にやをかねて茶もうる西ケ原京  梅足
 系図をきけハ急度足利  雲牙
身請した日はこつそりと黄昏て  花足

 山と川との二道に月
荒鷹の鳴て紅葉の散始  太路
 彼岸か過て気の抜る母 貫環子
孝行の転寝起す戻リ足  立葵
 都育ちの舟を怖かる  花足
合問ふ向も又合問ふ向も花の留守
 春ハ緑に岩かねの苔

関連データ

作者(連衆)
簣十・太路・花足・雲牙・梅足・立葵・貫環・白日(真田幸弘