松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
上下を借に来るのも栗白き頭改るな 貫環
 出産も持て出たい他屋明  梨東
卯の花や五百機たつるゝ窓の前 白日
 大坂杜丹船便待つ  花足
聾の心山極の佛也  陸馬
 相談済た膝へ来る膳  牛如
訳もよし男一疋講改頭 「貫環

 聞人の中に鹿の武左衛門  簣十
此頃のくせのやうなる月の暈
 草履かさなる松坂の秋  梅彦
馬の面移るおしやれか朝鏡  花足
 齊斎も一度そこか美貧僧  梅彦
との群も杖て彼岸の桜人 「白日
 菫咲く墅に鷹も紫  簣十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・梨東・花足・陸馬・牛如・簣十・梅彦