松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
燈籠の火に入虫か夕越て  花足
 間違て袖引た言訳  陸馬
百両の売殻散散敷し廿日草 白日
 松と亭主ハふるい新宅  梨東
駕舁ハ二代目からの出入にて  牛如
 はなし喰ふの急な鎌倉 貫環
宴にかけても左甚五郎  簣十

 師走をしらぬ人の仕合  陸馬
疱瘡に身も軽々と起達广(磨)  梅彦
 突出し部屋の塵ひちハ塵熨斗 白日
うるハしき聲のときれし時鳥 貫環
 子ハ薬かと変??の丸金  梨東
舟善着のその賑ひも昼の月
 犬にふまるゝ蒟蒻の花  花足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・花足・梨東・牛如・貫環・簣十・陸馬・梅彦