松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
雷木も横に倒て働く紙きぬた  梅彦
 親類屑か施屋久兵衛 白日
名乗合ふ温泉湯場の近附真裸  梨東
 なかぬ烏の口に啼く蝉  牛如
採蓮の船にあつまの日枝颪  花足
 雨の根岸にひゝく篳篥  梅彦
乳貰にいく夜身をなく片鶉  牛如

 油断のゝちに月ハ宵過
瘠村に肥を附たる関相撲  梨東
 無筆無能に本の孝行  簣十
何事も御白洲〓馴す扣かち  陸馬
 京に育つて江戸をひろ@廣@かる
花を詠人は心のよふ遊ひ
 あまりの長閑水の蘇酔たし

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・梨東・牛如・花足・簣十・陸馬