松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
吉原を神隠しとハ親の慈悲 白日
 旅僧の情齋斎を届ける  立葵
百姓の蔵そこらにも金銀花  花足
 聾か役に馬の看病  牛如
祢宜殿ハ呑と軍の噺して  菊武
 上下遊んて臨月を待 貫環
昼過の月ふるさるゝ雲のさま

 鴈的の矢を拾ふ稲刈  梨東
楮打音ハ箕輪の遠砧  菊武
 異病は治して居尼に成母  仝
苦界する末の妹へ紀念わけ  牛如
 覚悟の白洲義理の離別状
花瓶にしたゝか花をさした侭  フ
 畳む屏風に風光るなり  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・立葵・花足・牛如・菊武・貫環・梨東