松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
元日産声岩戸二度あけて  花足
 宿直ひつそと三僕の沙汰  梨東
不夜城に千両金の矢種有 菊貫
 美男か症疵て憎るゝ人  貫環
胴上の唄に酔ふたと呉服の間  立葵
 師走しらすの顔て寒梅 菊貫
灯の影を越し/\神の前  有佐

 軽い疱瘡も孝行の内 貫環
紫陽花や人も薄柿水浅黄  花足
 退かれたと言ふ分て廣崎  有佐
膝に羽織を畳む猪牙朝帰り  菊武
 袖を引れて桜又見る 貫環
眠さうな月の様子を山笑ふ  有佐
 出立長閑に右据の鷹 菊貫

関連データ

作者(連衆)
菊貫(真田幸弘)・花足・梨東・貫環・立葵・有佐・菊武