松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
桶伏を出ても蛙の顔に水 白日
 町人てなし浪人の伊達  立葵
羽付イて飛もの地にも初鰹  花足
 牡丹ハなかは角力取きる  牛如
行抜の寺に万句の借坐敷  菊武
 夜泣する子に天國の太刀  仝
梅咲を待て亀戸の神詣  牛如

 乗切る馬の懸聲も春 貫環
あやにくや彼岸七日を靏の番  梨東
 方円の水傾城の果 白日
度紋取女ハ手たれ矢継早  牛如
 地内をうちとけふも気違  仝
暮かゝる月に淋しき水の音
 桐の一葉に不二を見る関  菊武

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・立葵・花足・牛如・菊武・貫環・梨東