松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
御腰元関取へ聲酌立なから  梅彦
 女にはまれ筑山の蟻  花足
艸伏して花の君子の風凉し
 聴衆も有やなしや音楽  簣十
生贄も唯形代の御代静  梨東
 坂へ懸れは夫婦別あり  梅彦
駕籠を釣せて亡八めか月の旅  花足

 案山子に己の残る鎌倉
露霜に眼の覚切た合歓紅葉  簣十
 戻る尼か菴りに名斗の門ン  梨東
佐文山紀文か木場の額字迄  梅彦
 風にも石の動くのハ船  花足
造営の宮居に花の二柱
 广(座)所遠からす遅桜さく  簣十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅彦・花足・簣十・梨東