松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
牛かたの咄聞々/\春の旅  梨東
 牡丹餅配る御油の突出シ  花足
よい顔に焼むらのある鍛冶か妻  簣十
 夜宮におのか地口見に行  梅彦
竹床机なをすに邪广(魔)な蟇一ツ
 馬に喰せる巻藁の屑  梨東
粥を煮る度春めきて餅ハ石  花足

 出過た屠蘇に娵の紅梅  簣十
遣り羽子の後結詰して袖桜襷  梅彦
 武備ハ持くさらしの役柄
太郎冠者鬘をとれハ御伽医師  梨東
 船の吉埜に人ハ山程  花足
禿声手にも最中の月の影  簣十
 指の思ひて切て遣る菊  梅彦

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梨東・花足・簣十・梅彦