松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
秋ならぬ柳出口の品定 白日
 前輪に手綱後朝の騎馬  花足
業平も首途を雪にさゝへられ  梅彦
 僧も袴て鞠の中入  莫牙
奇麗好御隠居付に撰はれて  梅足
 功者に喰て見せる茹蟹  馬隠
駕舁も片袒右肩の擔太坂  陸馬

 古稀の身なから旅も主命  双鳬
移る日の月と見られて鏡立
 縮の中に吉原の雪 貫環
篭の虫思ひ揃て餌を忘  梨東
 また濡て居る席書の龍  双鳬
花ハ今盛といへと四方六方
 遅日嘸かし牢輿の中  陸馬

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・花足・梅彦・莫牙・梅足・馬隠・陸馬・双鳬・貫環・梨東