松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
賣る時は是も子寶宝カナアリヤ  簣十十一
 あの編笠は垣見左内か歟  梅彦十一
傾城の裾のこほれる戸なし駕  花足十一
 抱付く真似に腹をうつ猿  梅足十一
山寺や樹下石上に夏しらす  梨東十一
 鳴も三年入唐の沙汰 白日公十一
夜もしんと薪の能の?捨篝  梅彦十二

 東風吹送る迷ひ子の証鉦  簣十十二
妹許の梅に塩引よく枯て  梅足十二
 片腕派出な的の白日黒?ミ  花足十二
九段から見る門跡の破風兀と 白日公十二
 皺くぐた袴百両の施主  梨東十二
足る事を月にたとへし師の教  フ
 拭ふ側から秋の汗はみ  フ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簣十・花足・梅彦・梨東