松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
冬されにつれて淋しき牛の番?鞍  莫牙
 雪に?是非明なく長き戦陣 貫晨
円座鞠聟の??器量を見違て  梅足
 衣紋つくろふ庭子国姓  陸馬
訳有て通へり兼たり段蔓  梅彦
 耳ある蛇を末社あつかひ 白日
厚総や馬?士も??衣装馬の列品 貫晨

 酒にかけても一手関取  莫牙
月夜迄よしお大巾?山も仇々し
 惟光ひとりなふる秋の蚊  梨東
雷に箸と杓子もみな焚て  梅足
 百の日雇か砂?金よなれける  花足
松ふるき侍にはな若々し
 油障子に蝶の来た音

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・莫牙・梅足・陸馬・梅彦・梨東・花足