松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
行春の廓戀恋し鳥松の魚 白日
 歌も茶の湯も妻のねせもの  梅足
陣の留守疱瘡仕廻ふた子も手柄  梅彦
 散迄牡丹黄金の休  莫牙
田植唄十八楼を取巻て  花足
 馬は帰さす囃?噺さるゝ人  陸馬
弓臺に一挺めたつ糟谷むら  梅足

 桜の供に?鬮て出る奥 貫晨
丸額佐保姫聖?を裾?据?つれて 白日
 落ては雪のにゆる厄も?を我長  莫牙
兎に角に中すれ/\の日枝横川  梨東
 蛭降る山に猿呼ふ声 貫晨
月涼し軽羅を吹れ/\居る
 千両捐掛?た細見に穴  梅足

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・貫環・梅足・梅彦・莫牙・花足・陸馬・梨東