松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
汐干狩裾にも派手な貝つくし  簀十
 素人と見へぬ亡八屋の嫁  莫牙
産声を待つ晦日の煤払  立葵
 陰中の陽駕篭の笹啼  梨東
射破た尺二の的に数茶碗  陸馬
 湯殿へ下女か鯵売の箱 貫環子
夕立は難面く晴て蝉時雨 白日公

 白柄組も除る菌担桶  呉潭
木犀に三階の酒したみけり  立葵
 天地の秋の外に吉原  花足
朝の月涌く鉄漿の香の高し
 塒出の鷹と倶に床揚 貫環子
子に愚痴な事いふ母を笑ふ母  梅足
 賑しきしな餞別に来る

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・簀十・莫牙・立葵・梨東・陸馬・貫環・呉潭・花足