松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2表(2オ)

画像を拡大する
鶯は霞のあみに見へ透ひて  立葵
 亀に吹よせる神の御手洗  梅足
傾城の寄進事にも張つよき  簀十
 大字の筆意女子てはなし  莫牙
医に僧に漂着人を取巻て  花足
 千両になる干鰯是程 貫環子
梅日和鷹の継尾に残る雪  莫牙

 菫蹴立て軽き鞍味  梅足
まんかちに鎌倉五山春暮て 白日公
 斎田地蔵に残る太刀疵  呉潭
物問は暫は止ミし糸車  立葵
 菊に名高くなりし隠家 貫環子
嚔して隈なき月にさし向ひ
 露にぬれつゝ仲国か供  立葵

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・立葵・梅足・簀十・莫牙・花足・貫環・呉潭