松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

2裏(2ウ)

画像を拡大する
川風の茶代焚て居る捨筏  花足
 助けた身投顔てふく橋 白日公
うつくしい程気違の物凄し  簀十
 若後家持にかたい身代  陸馬
酒も髪も三日持越す祭客  梨東
 日光責の棒か肝心  莫牙
大杉戸虎の生たは見もせねと  陸馬

 雪にはもなき官軍の将  梨東
声寒し月なき夜半の鐘幽
 京も伏見も一眼一廓 白日公
恨ミ事半分いふて唯なみた  陸馬
 身構をして頓て着く船
しら雲とのみ詠ける花遠し
 たときいやしき春の賑ひ

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・花足・簀十・陸馬・梨東・莫牙