松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

名残表(ナオ)

画像を拡大する
さまてなき李(すば)り?若衆の百千鳥  呉潭
 ちよつと敵をわる口て打  莫牙
節衣縫ふ火鉢に餅の耳焼て  梅足
 除夜をは旅て喜連川殿へ  呉潭
水鳥の代口かゆる声小塚原  陸馬
 腑分あつかふ外科の無造作  簀十
夕桜たゝむ被の袂から 白日

 雛の中にも京の雛市  花足
人もしる牽頭鶉と化しもせす  梨東
 北川に移り末霞む月
早蕨の柏か拳をはるのかせ  呉潭
 駒か生れてひとつ家に酒  花足
たゝならぬ落武者一人かくまふて  簀十
 既あふなき浪々の鑓  莫牙

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簀十・呉潭・花足・陸馬・莫牙・梨東