松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

表(オ)

画像を拡大する

俳諧之連歌


蜻蛉や池一めくり二巡り
 おのつからなる日々の秋情
月の興笛懐にまねかれて
 久しう逢はぬ人に逢たり
物富は皮目の儘の床柱
 庭も軒端も霜のおく朝
鮟鱇のいつより早くみゆる年
 睦むか中のなかき口上

関連データ