松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

裏(ウ)

画像を拡大する
夜半の㡡夫の敵に紙燭して  梅足
 はつ蜀魂恋の上の句  簀十
戻には兎もあれ雨のむかふ嶋  呉潭
 船の吉野にとく/\は樽  花足
大事かる附鬢落て気の多さ  陸馬
 傾城はたえ一の御妾 白日
恨む夜の伽羅は手荒く喰闕れ  莫牙

 鐘の幽に鳴て満月
菊合其あらそひも紫衣の欲  梨東
 荒鷹翦て寺中ひしめく  簀十
鑿研て寝て斗居る甚五郎  梅足
 つたなや箒先に銭緡  陸馬
誘れて此頃花に留主多し
 江戸の馬見る春の鎌倉  莫牙

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簀十・呉潭・花足・陸馬・莫牙・梨東