松代藩第六代藩主 真田幸弘(菊貫)の文藝

翻刻文書

3表(3オ)

画像を拡大する
鷹か峰残々の雪も継尾かと 白日
 不立文字に都見る僧  梅足
一輪の走りの牡丹笠きせて  簀十
 放れた馬の中に気違ひ  莫牙
吉原かまつ茵取の檀那株 白日
 文は生涯女にて厄  花足
曙の桜に散りし通夜の人  莫牙

 穴出し原に毒気顕す  陸馬
うくひすに通れと呵る関の木戸  梅足
 思ひ/\て雨の象潟  呉潭
逗留に子を借ておく歌枕  梨東
 朔旦冬至熨斗の陽に梅  花足
其儘に桶の氷を月そかし
 検使も蓑を誉る袈裟掛  簀十

関連データ

作者(連衆)
白日(真田幸弘)・梅足・簀十・呉潭・花足・陸馬・莫牙・梨東